--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年06月26日 (木) | Edit |
このブログは、うつ病になった夫を見守る妻の気持ちの回想録です。

「夫をうつ病に追い込んだのは、私のせいなんだ」と自分を責めたこともありました。最近は漸くそのように思わなくなり、私自身の気持ちも穏やかになっています。今は、夫が望むことで自分のできることをしたいな…と考える毎日です。

夫は1ヶ月の休職期間を経て元の職場へ復職しました。以前の状態にかなり近づいたため、私も当時を振り返られるようになりました。

病気になった本人はもちろん、側にいる家族も様々な思いを抱きましたが、辛かったことばかりではなく、経験して良かったこともたくさんあります。この回想録をお読みになることで何かを感じていただけたとしたら夫も私も、嬉しいです。

夫(おおてん)のブログはこちらです。併せてお読みいただけると嬉しく思います。
コメント
この記事へのコメント
過去コメントのコピペ
1. Posted by かずさ 2008年06月28日 22:52
何だか衝撃的なブログ名に立ち止まり訪問しました
すみません、何も言葉をかけられませんが・・・
頑張って下さい・・・

2. Posted by いちる 2008年06月29日 13:26
>かずささん
ご訪問&あたたかいコメントありがとうございました。
かずささんのお優しい気持ちが伝わってきます。
頑張りますね!

3. Posted by Yuuna 2009年01月25日 14:11
はじめまして^^♪あし@の履歴を見てこちらに伺いました。共倒れにならない様、そして旦那様が完治の道へと前進できます様応援しております。
自分を責めないで下さい><!
私の旦那様は、私がうつ病である事が理由だと思いますが、とてもおおらかな人柄になり、今は自分の旦那ではありますが、とても尊敬しております。尊敬できる、感謝できる様に私も完治へ向けて前進しております!
又、旦那様のブログの方へもお邪魔させて頂きます^^♪

4. Posted by いちる 2009年01月27日 16:13
>yuunaさん
コメントありがとうございました。
相手を尊敬できることって素敵ですよね。
きっとyuunaさんのご主人様もとても思い遣りのある方なのですね。
本当に温かいお言葉をありがとうございました。
2010/06/25(Fri) 13:54 | URL  | いちる #Cv2s2L.A[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ラティース ラティッセ
iphone アプリ 開発
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。