FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月24日 (水) | Edit |
同じ時期の夫のブログはこちらです。

夫がうつ病で一ヶ月ほどの休職をし、もうすぐ復職となりました。4日後には職場復帰の予定で、そんな中の5回目の受診です。主治医とのやり取りについては、夫のブログの通りです。
復職を間近に控え、元のように働けるのか不安になった私たちでした。休職期間を延長する診断書を書いてもらいたいと思っていましたが、夫はそのことを言えず、パキシルの量が20ミリに増えたのでした。正直な話、もっと、長く休職してもらい夫と過ごしたかったのですが、考えてみればこれ以上休職をしていても、実際復職をしないと自分がどの程度まで回復したのかが、分かりませんよね。

パキシルは20ミリが基本の量だとの主治医の話でした。その量で仕事がどこまでできるのか…いつかは向きあわないとなりません。のんびり穏やかに過ごさせてもらった時間は、限りがあるのですよね。残念な気持ちもありましたが、ここで復職は適切な判断でした。
コメント
この記事へのコメント
過去コメントのコピペ
1. Posted by デスト 2008年12月24日 16:01
ブログに訪問していただき誠にありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いします。

2. Posted by 夢りんご 2008年12月25日 18:46
復職に対して様々な不安はあると思いますが、いちるさんがおっしゃるように復職してみないとわからない部分もありますよね。
でもいちるさんご夫婦のように夫婦の絆がしっかりしていれば多少のことは乗り越えられるような気がしますが、これは無責任な発言かもしれません。
ただこれまでのブログを拝見させていただいて、だんだんご夫婦の絆が強くなったと思います。

3. Posted by いちる 2009年01月01日 05:35
>デストさん
こちらこそありがとうございます。私もまた伺いますね!

>夢りんごさん
【夫婦の絆が強くなった】とおっしゃっていただけて、嬉しいです。
今回のことで、私もそのことを実感しています。
きっと夢りんごさんも、奥様といろいろなことがあって今があり、
そのご経験から生まれたお言葉ですよね。
無責任とは思わなく、心のこもったお言葉として受け取りました♪
2010/06/25(Fri) 14:06 | URL  | いちる #Cv2s2L.A[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ラティース ラティッセ
iphone アプリ 開発
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。