--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年01月15日 (木) | Edit |
大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!本年もよろしくお願いします。皆様良い一年をお過ごしになりますように!コメントのお返事が滞りがちになっていて、ごめんなさい。子どもがお腹の風邪をひいて、我が家は今もてんやわんやしています。皆様もウィルス性胃腸炎にも、どうぞお気を付けくださいね!

多くのご感想をいただいて、このブログをご覧になる方のお気持ちを知ることができて本当にうれしいです。ありがとうございます。「私の夫(彼氏)もうつ病です」といった方、中でもパートナーを心配されてこのブログを見つけてくださった方がとても多く、中でも私と同じようにご自身を責めてしまわれる内容が多いのに、胸を痛めています。私が言うのも何なんですが、どうかご自身をあまり責めないでくださいね。
そして、「自分に何ができるのか」とお考えの方も沢山いらっしゃいます。一人ひとりケースが異なるので、私には適切なことを言えないのですが、きっと、その人を真剣に思っていることを自分なりに伝えることができれば、その人もいつか病状が和らいだときには嬉しく、ありがたく思うでしょうし、最悪の考え(自殺念慮)が浮かんだ時の歯止めになれると思います。

また、どうか支える側の方自身も、お身体とお心を大切になさってくださいね。 のんびりゆっくり、更新していきます。今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
2009年01月29日 (木) | Edit |
夫が初めて精神科を受診してから、もうすぐ1年になります。私にとっては節目の日だと思っているので、何かしようかな…と、思っているのですが、お誕生日のようにお祝いするのは変ですよね?
私たち家族は、おいしいものを食べるのが好きなので、好きなものを作り、静かにその日を迎えるのがいいのかな…と、今は考えています。何を作ろうかな…それとも、おいしいものを買った方がいいかしら~☆

病院に行く前の、本当に辛そうだった夫のことを、今でも思い出します。病院に通い始めてからの夫は、服薬のお陰ですぐに良くなりました。服薬は数ヶ月続くのかな…と思っていましたが、もう、1年になるのですね。どういう感じでパキシルを減らしていくのかな…どういうタイミングで。

お酒も好きな人なので、肝臓が心配です。最近は主治医に言われ(その様子はこちら)飲む量が減りましたけど(笑)
2009年02月20日 (金) | Edit |
精神科の初診日から1年経ったあの日…夫は残業でした。残業と言っても、職場の理解があるので最低限の残業です。夫の好きなものを、と思って、後はやっぱり子どもたちのことを考えて、唐揚げやサツマイモの天ぷらなどを作りました。今は大丈夫だけど、私たちメタボ夫婦になるのかしら!特別なものではなかったけど、「おいしい!」と言ってくれる夫を見て、食べ物をおいしいと感じることができて本当に良かったと感じました。
また、そんな夫のそばに今もいられることはけして当たり前ではなく、とても尊い、ありがたいことなんだな…とも思っていました。そして、このある意味記念日?について、顔の見えない関係である中、色々と考えてくださった皆様へ、本当にありがとうございました☆お会いしたことのない皆様のことも、その日は考えていました。

さて、かなりバタバタしていた我が家ですが、やっと確定申告書を国税庁のホームページで作る時間が取れました。まだ見直しの最中ですが、これで交通費が合っていればほぼ完成。今週末には提出できるかも…今のところ自立支援医療を利用していないので、医療費は3割負担です。しかし思ったより医療費はかかっておらず、還付金は1000円ちょっと。この還付金はこっそりお小遣いに…なんて思っています(笑)

先日、私たちが住んでいる地域でも朝の一瞬だけ雪が降りました。滅多に雪は降らず、積もるのは数年に一度。今年はまだ積もりません。まだまだ寒いですね。 この記事をご覧になった方々もどうかお体を大切になさってくださいね!
2009年04月20日 (月) | Edit |
すっかり、お久しぶりの更新です。花粉症のシーズンもそろそろ終わりでしょうか。私は酷い花粉症持ちなのですが、今年はさほど酷くなく過ごせました。

最近、夫は落ち着いていて、あまりネタ(?)もありません。現在もうつ病で通院していますが、通院も2か月に一度だけで、服薬内容も変わらず…夫のブログを読むと、会社ではいろいろあって大変そうですが、「金曜日、帰ってきてうちの玄関を見たら『週末だ!』って嬉しかった!」と言ってくれ(夫の仕事は原則土日休みです)、我が家が夫にとって安心できる場なのかな…と思えるので、ずっとそう思ってもらえるようこれからもがんばっていきたいと思っています。

今週は、まだ始まったばかり。今週一週間が過ぎれば、GWも見えてきますので、頑張ろうね!(特にどこへ行く予定もないのですが(笑)私が人ゴミが苦手なので)
2009年04月30日 (木) | Edit |
夫は病気休暇が明け復職してから、急な残業は激減しました。 …と言っても、残業が全くなくなったわけではありません。「○日、残業してくるよ」と言ったように、決まった残業(?)は依然としてありました。

先日、帰宅予定時間に夫が帰ってきませんでした。しかし、特に連絡がないのでそのうち帰ってくるかなと思っていて、子どもたちと遊びながら待っていました。帰宅予定時間から30分が経過し、背筋がひんやりとしてきました。 「事故ではないか?」「事件に巻き込まれて?」「病状の再燃?」 そう思いだすと、キリがありません。心配な考えがぐるぐる頭の中に浮かんできます。
結局、帰宅予定時間から一時間ちょっとしたら夫から電話があり、「ごめん!!会議が長引いて…!」夫も、私が過剰に心配をするのを知っているので、急いでかけてきてくれたようでした。夫を信じていない、と言うのとは違うのです。無事ならいいんです。安心しました。 服薬遵守しているので急性に再燃、という可能性はかなり低いと頭では分かっていても、心のどこかで不安になってしまいます。

今日も、どうか無事に帰ってきてくださいね。
2009年05月19日 (火) | Edit |
なんとなく、今年の5月は不調でした(私が)。でも、なんとか過ごしていたら体調もよくなってきました。今度は夫が調子悪そうです。今朝も38度5分の発熱。しかし、代われない仕事だそうです。それなので、出勤していきました。

今の夫にとって、心配な仕事の内容もあります。診断書を出しても、会社の考慮はしていただけませんでした。心因性で微熱というのは聞いたことがありますが、夫のように高熱になることはあり得るのでしょうか…それとも、夫が言うように心因性ではなく不調なのでしょうか。

今は、帰りを待つことしかできません。
2009年06月01日 (月) | Edit |
夫のおおてんは、献血好き(?)でした。過去形の「でした」は、現在パキシルを服薬中のため、献血ができません。献血に関する日記については、こちらをご覧になってくださいね。

先日、またもや「献血ピンチ!ぜひ献血してください!」の葉書きが届きました。夫は、ブログでは面白おかしく書いていましたが、落ち込んでいるようでした。

・献血は、嫌いじゃない。どちらかと言うと好きかも。
・協力できるならしたい、しかし、服薬中で断られている。
・自分には献血はできない、でも相変わらず血液は足りていない。
・それなのに、何度も葉書きで催促される。心苦しい。

↑こんな気持ちになっている…様に見えました(未確認です)。

ちなみに、私も献血はできません。過去に輸血歴があるからです。何度か献血をした後、「今後献血はなさらないでください。」と、葉書きが届いたのは…もう10年以上も昔のことでした。 肝炎の検査も済んでおり、問題はないはずでした。でも、「あなたの血液はいらないよーん!」と言われたことで、ちょっと落ち込んだことを思い出しました。街頭キャンペーンで献血の協力を呼びかけられても、心苦しく、わざわざ説明はしないものの、「できるなら、したいよ!」と思います。

な・の・で☆葉書きに記載されていた献血センターに電話しました。ダイレクトメールを止めていただくために。 ドキドキしながらだったのですが、特に服薬内容は伝えずに、
・しばらく薬を飲み続けなければならない病気
・服薬内容は以前問い合わせ済み
・本人は協力できるならしたいが、現状は無理で無念な気持ち

と、伝えたところ、「本当にわざわざご連絡をありがとうございました。お元気になられましたら、ぜひご協力をお願いします。どうか、お大事になさってください!」とおっしゃってくださいました。

ごめんね、勝手なことをしちゃったかな。でも、もうダイレクトメールは来ないから、気に病まなくていいよ。きっとまたできるようになるよ。その時は私の分もお願いね!!
2010年01月14日 (木) | Edit |
夫がパキシルを20→10に減薬して、もうすぐ2ヶ月です。途中、中途覚醒が増えたように思えましたが、最近はどうでしょう…?寒いのも手伝ってか、起きても布団の中で過ごせているようです。

このまま、もうすぐ10→0になるのかな… 服薬を初めてから、もうすぐ2年が経ちます。本当に多くのことがありました。 このまま、辛くなく減薬が続きますように…

このまま…
2010年02月15日 (月) | Edit |
夫が最後のパキシルを服用し、受診。問題なく服薬を止めることを主治医と話し合うことができ、通院治療が終了してから、1ヶ月が経とうとしています。

いわゆる離脱症状が全くなかったわけではありませんが、今はさほど辛くないように見えます…実際はどうでしょうか?寛解状態がずっとずっと続きますように!
ラティース ラティッセ
iphone アプリ 開発
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。