--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年11月13日 (木) | Edit |
同じ時期の夫のブログはこちらです。

夫がうつ病になってから精神科を受診、休職して1週間が過ぎ再診、いよいよ、夫が服薬するパキシルの量が10mgから20mgと増えました。最初の1週間は、パキシルに慣れるため、また重篤な副作用が出ても対応できるようにするために10mgから処方されたとのことです。
…そのように頭では理解しているものの、増薬は不安がありました。『そんなに大変な薬を飲んでまで、挑まなければならない病気』という事実。本当に、夫はうつ病なんだ。本当に、本当に、夫は苦しんでいるんだ…

増薬した翌日の朝、夫は目覚めるのだろうか?とも思いました。夜中、授乳で起きる私は、都度、夫に近付き、呼吸を確認していました。今思うと慎重すぎますよね(苦笑)でも、当時の私は必死でした。日中、夫は眠くてだるくてどうしようもなかったようです。ただ、ここで眠ると生活のリズムが崩れるかも…とお互い感じています。しかし、こちらから何かをしてほしいと伝えることは負担になるでしょう…それなので、私も家事をしながら、夫になるべく声をかけ続けていました。夫も読書をしながら、一生懸命に起きていました。
生まれて数か月の下の子が、夫のあぐらの上で良く寝ていました。体が柔らかいので、あぐらとフィットして(?)スースー寝ていました。夫が下の子を見ていてくれたので、当時は本当に助かりました。上の子との時間もできて、私も、たまに二人で散歩をすることもできました。

夫は子どもたちからも、生きる力を分けてもらっているように見えました。私は、日が差す部屋で夫があぐらの上に下の子を乗せ読書をしている姿を、今でも時々思い出します。その姿を思い出すと、とても優しい気持ちに包まれます。
スポンサーサイト
ラティース ラティッセ
iphone アプリ 開発
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。